人類が月に到達してから50年。月に降り立った宇宙飛行士たちの今

2019/03/26 01:00:00 | 画像 | コメント:0件
 

 アポロ計画により人類はついに月へ到達することに成功しました。

 これまでに人類は数千億を超える人が誕生しましたが、そのほとんどの人が目にしたことがあるであろう月、そこに降り立った経験があるのはわずか12人しかいません。

 初めての月面到達から50年、月に降りた宇宙飛行士たちの今とは。



アポロ計画から50年


 アポロ計画により人類が月へ到達してから50年の月日が流れました。

アポロ計画
アポロ計画は、アメリカ航空宇宙局による人類初の月への有人宇宙飛行計画である。1961年から1972年にかけて実施され、全6回の有人月面着陸に成功した。



 アポロ計画は、さまざまな観点から「実は本当は月にたどり着いていないのではないか?」など、現在でも多くの議論を呼んでいます。



 その真実はまた別のお話として、アポロ計画で合計12人の宇宙飛行士が月面に到達することに成功しています。

月に降り立った人物一覧
アポロ11号
ニール・アームストロング (Neil A. Armstrong)
エドウィン・オルドリン (Edwin E. Aldrin, Jr.)

アポロ12号
チャールズ・コンラッド (Charles Conrad, Jr.)
アラン・ビーン (Alan L. Bean)

アポロ14号
アラン・シェパード (Alan B. Shepard, Jr.)
エドガー・ミッチェル (Edgar D. Mitchell)
アポロ15号
デビッド・スコット (David R. Scott)
ジェームズ・アーウィン (James B. Irwin)

アポロ16号
ジョン・ヤング (John W. Young)
チャールズ・デューク (Charles M. Duke, Jr.)

アポロ17号
ユージン・サーナン (Eugene A. Cernan)
ハリソン・シュミット (Harrison H. Schmitt)

 12人のうち、何人かはすでに亡くなられていますが、現在も生き残っている宇宙飛行士の8人の最新の画像が公開されました。


Image source:reddit


 アポロ50周年の記念ディナーで撮影された写真には、アポロクルー8名の姿がありました。

 これまで人類は数千億、いえもっとかもしれない膨大な数の人が生まれ、なくなりました。

 現在からは資料でしか知りえないほどの昔でも、月へのさまざまな思いを募った文章が見つかっています。

 過去、そして現代の人類のほとんどが目にしながら、そこに到達したのは僅か12人しかいません。

 いつの日か、再び人類が月へ到達する日はやってくるのでしょうか。

海外の反応


アポロ計画なんてすごい大昔の出来事に思えるけど、まだこうやって存命なんだよね。この人たち全員が毎日目にするあの月に行ったことがあるなんて、なんか不思議


せっかくこれだけ揃ったのだから、撮影者に「月面へ行ったのは本当なのか?」と聞いてほしかった


自分はあの映像は嘘だったと思ってる


もし無くなっても、人類史に名前が残る8人だろうな

 →もしいつの日か、人類が簡単に月へいけるようになっても、最初期に到達した人物として間違いなく語り継がれるだろうね


アポロのあの映像はあまりに疑問の点が多い。存命のうちに真実を語ってほしい。


50年も前にたどり着けたのに、なぜそれ以降に月へ行っていないんだろう?今のほうが技術は遥かに上だと思うんだけど。

 →月へ行くには費用が膨大だからね。あの当時は各国が宇宙開発を競っていたという時代背景もある。

 →月の裏側で宇宙人の基地を発見したから、手を出さないようになったという説もある

 →月の裏側はもうどんな様子なのか判明してるよ

月の裏側の画像

 →何もないことが分かって、行っても意味がないと分かったことも要因のひとつだろうね


この人たちが取ってきたという月の石に夢中になった子供の頃を思い出した


チャーリーデュークは私の祖父です。聞かせてくれる話はいつも本当に面白い。

 →すごい祖父をお持ちだね...うらやましい


月へ行くのはあこがれるけど、実際に行くとなると過酷なトレーニングと死の恐怖がつきまとう。本当にすごい8人だ


1000年後の学校でも教えられる8人だと思う





関連記事

コメント

コメントの投稿