【海外の反応】1924年の日本から見たヨーロッパへのイメージを現した画像

2019/02/18 06:00:00 | 画像 | コメント:0件
 

  現代はインターネット・及び情報の発達により、自分の国にいながら世界の様々な国の色んな情報を入手することが容易になりました。

 しかし、現在のように簡単に情報を得ることが出来るようになったのはほんの最近のことです。

 では、まだインターネットも無く他の国の情報を得ることが困難だった時代、他の国にどんなイメージをもっていたのでしょうか?

1924年の日本から見た欧州へのイメージ図


1924年の日本から見た欧州へのイメージ図
※画像クリックで拡大します

 こちらは、1924年に日本で作成されたヨーロッパへのイメージ図です。

 ヨーロッパの地図の上にその国に対するイメージがイラストと簡単なコメントで表現されています。

 1924年は日本でいえば大正13年、関東大震災の翌年で、初めて普通選挙が実施される4年前です。

 図を見てみると、有名な建造物の国やキリスト教の発祥地や、人情風景が日本に似たスコットランド…などユニークな様々なイメージが描かれています。

 もちろん全国民がこのようなイメージを持っていたわけではないでしょうが、現在から約100年前にもかかわらず、これだけ多くの国々の情報が簡潔にまとめられた貴重な図です。

 とても面白いこの画像に対し、ヨーロッパ在住の方々によって多くの反応が寄せられています。

海外の反応

デンマークを無視するなよ!

これは素晴らしい図だね

当時の日本はスペイン人が黒人だというイメージを持っていたのか...面白いね

ポルトガルがまるで贈り物を持ってきてるように描かれてるのが好き(笑)

ポーランドは木だけか

これを壁紙として張ることにした

イタリアがたくさんの火山なのが好き

チェコと同じだけどイングランドは東ヨーロッパじゃなくて中央ヨーロッパだよ!

ガンジーが少し怒って描かれてるように見える

これはすごく興味深い。この時代にもかかわらずこれを作った人は少なくともこれだけ多くの場所の文化と最低限の基本的知識を持っていたという証明


関連記事

コメント

コメントの投稿